So-net無料ブログ作成
検索選択

「食品の裏側-みんな大好き食品添加物」 ・・・ 食品添加物の光と影 [実用]


食品の裏側-みんな大好きな食品添加物 / 安部 司
1.My Review Rank : ★★☆☆☆ + 子供の味覚を守る
2.Published Data : ¥1470, 244Page,東洋経済新報社,’05/10
3.Review Point : この本を読んでから、コーヒーと一緒に出てくるミルクの小容器を観察する様になった(コーヒーはブラックのため、ミルクには興味がなかった). コーヒー用のミルクは、牛乳等から作られておらず、水,サラダ油,添加物のみで出来ている(これは小容器に表示はない(表示が免除されているため)). なるほど、商品名は、「コーヒー・フレッシュ」等で、いずれの商品名にも「ミルク」の言葉は入っていない .

 本書は、以下の2点から、食品に関する情報公開が必要と主張している. 今までの食品添加物の危険性のみを煽る本とは一線を引く.
 1)毎日、自分の体に入れる「食品」にも関わらず、どの様に作られ、どの様な添加物がどの様に使用されているのか我々は殆ど(或いは全く)知らない.
 2)我々は食品添加物により、既に、「安さ」, 「手軽さ」, 「便利さ」 を享受しており、食品添加物の危険性だけを騒いでも意味がない.

 本書で最も我が身に関係するのは、第5章 「食品添加物で子供たちの舌が壊れてゆく」. 本書では、特に子供の健康・味覚に悪影響を与える添加物として以下の2つを挙げている.
 ①たんぱく加水分解物
 様々な加工食品の味のベースは、食塩(精製塩)化学調味料 / たんぱく加水分解物 / 風味をつけるエキス類 の4つからなっている.
 ここで、たんぱく加水分解物は、非常に濃厚な強い味で、子供が好む味のため、インスタント・ラーメン, スナック菓子等に多量に使用されている. しかし、その非常に強い味のため、野菜や本来の天然だしなどを淡白な味を「おいしい」と思えなくなり、子供の味覚が麻痺してしまう.
 ②ブドウ糖果糖液糖
 ジュース, アイスクリーム等に大量に使用されている. さっぱりした甘みのため大量に使用され、血糖値を急激に上げる原因となる. これが、最近の小中学生の糖尿病・肥満の元凶となっている.
4.Summary : 本書は食品添加物と上手く付き合うために以下の5点を提案している. 日々の細かな配慮だが、意識するのと意識しないのでは大きな差が付くと思う.
 ①裏の表示を良く見て買う(食卓に無い様な名前には要注意).
 ②加工度の低い食品を買う(例えば、家で炊く米に対して、コンピニで買うおにぎりは添加物だらけ).
 ③知って食べる(1週間スパンで、利便性と手作りの手間とのバランスを考える).
 ④安いものだけに飛びつかない(安いものには理由が必ず有る. 殆どは食品添加物だらけ).
 ⑤素朴な疑問を持つ(なぜ安いか,なぜ萎びないか,なぜ綺麗な色か 等々).

 著者は、元々、食品添加物の専門商社に勤め、食品添加物を売り歩くセールスマン. 食品添加物の 「食品を長持ちさせる」, 「色形を美しく仕上げる」, 「品質を向上させる」, 「味を良くする」, 「コストを下げる」 等の効能を食品加工業者へ提案し、当時、食品添加物の神様と呼ばれ、常にトップ・セールスだったとのこと.
 しかし、自分の子供が自分の顧客の食品加工業者の添加物まみれミート・ボールを食べるのを見て退社し、食品添加物の情報公開のため、公演などを行っている.
 本書を読むとしばらくは食欲が減退するのでご注意.
 同様のジャンルの本としては、 「食べるな、危険!」 , 「新・食べるな、危険!」 , 「使うな、危険!」 が有るが、単に危険性を煽るのみでなく、付き合い方を提案している所が大きく異なる.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。