So-net無料ブログ作成
検索選択

「『ニート』って言うな!」 ・・・ ニート問題をスッキリ整理 [仕事]


「ニート」って言うな! / 本田 由紀内藤 朝雄後藤 和智
1.My Review Rank : ★★★★★ + ステレオ・タイプでない視点
2.Published Data : ¥840, 310Page,光文社,’06/01
3.Review Point : 本書はニート(NEET:Not in Education,Employment or Training)問題に関わるマス・メディア, 政治, 世論 等の本質を鋭く分析し、本当の問題点とその対策案を真摯に検証した良書. 絶対にお薦め. 本書を読むと一般的に言われているニートに関する言説の底の浅さを感じます.
 本書は、本田由紀(教育社会学者:東京大学大学院情報学環助教授), 内藤朝雄(社会学者:明治大学専任講師), 後藤和智(東北大学工学部建築学科(在学中))の3名の共著.
1)ニートの定義・イメージの誤り
 本田由紀は、ニートの定義と労働需要側の問題を指摘している.
 (1)ニートの構図
 ニートの内部と外部の構図を以下の様に整理している.
 A層 : 失業者でない層(自分の居場所の有る層) ・・・ 正社員, 学生, 主婦.
 B層 : 職が無い或いは、不安定な層 ・・・ フリータ, 失業者(求職の意思有り).
 C層 : 働く意思は有るが、職を探していない層 ・・・ NEET非求職型(実質的にはBと一体)
 D層 : 今は働く必要・予定が無い層 ・・・ NEET非希望型.(家事手伝い,教育機関入学準備 等)
 E層 : 働く意欲が無い層 ・・・ NEETのメインイメージ層.
 F層 : 問題層(ひきこもり,犯罪親和層) ・・・ NEETのネガティブ・イメージ層(マスメディアが飛び付く話題).
 (2)誤った解釈・イメージ
 現在、ニートと呼ばれているのは上記のC層~F層(B層とC層との間に強い線が引かれている). 例えば、ニートは48万7千人の巨大な規模で(2002年)、全員に働く意思がなく、だらしなく生きているとのイメージが出来上がっている点が問題. 具体的には以下.
 問題点① : B層とC層とは、 「安定した就業機会の不足」 との同じ原因から生まれた連続した層で、フリータとニートとの間の線引きは、現実を誤認識してしまう(対策を誤る) . 実際には、フリータ⇔失業者⇔ニートで、ぐるぐると行ったり来たりしている層も多いと考えられる.
 問題点② : 現在の議論は、 「働く意思が有るか、無いか」が人間に対する絶対的な評価 になっている. 特にD層には、多様な生き方を選択している若者が含まれるが、その生き方に対する思考停止が起きている.
 問題点③ : F層の「ひきこもり」や「犯罪親和層」がイメージ的にニート全体に拡大適用され、ネガティブな印象がニート全体の若者に当てはめられている.
 (3)労働需要側(企業)の問題点
 上記の①~③の様に、問題の本質を見誤り、ニートに対する 「働こうとしていないんだから、本人が悪いんだろう」 とする事によって、労働需要側の問題ではなく労働供給側の問題とされ、若者の自己責任に全てが還元されている.

2)ニートを自分の都合で利用する魑魅魍魎(ちみもうりょう)
 内藤朝雄は、P125で、「殺人検挙者数」、P127で、「強姦検挙者数」の推移を1950年代から示し、過去と比較し、1980年代以降の両検挙者数は、各々四分の一, 十分の一に激減しているデータから、ニートを自分の都合の良い様に利用するマス・メディア, 政治等を厳しく批判している.
 (1)マス・メディア  : 所詮、マス・メディアは視聴率優先の世界. 視聴者が喜ぶ話題で有ればOK. ニートもマス・メディアが視聴率を稼ぐための「商品」に過ぎない.
 神戸の酒鬼薔薇聖斗の大ヒットで味を占めたマス・メディアは、幼女誘拐・殺害事件等でも、パラサイトシングル, 引きこもり 等の若者ネガティブ・キーワードで商品作りをしている. 「青少年の凶悪化」, 「社会性を失った若者」, 「キレる若者」 等社会の不安を煽る話題作りに邁進した.
 (2)世論社会の構造が大きく変わる際には、あるグループがターゲットとされ、集中的に非難・攻撃される. そのグループは、人生の経験が浅い人, 老いた人, 所属しない人, 交わらない人, 理解や共感が出来ずに不安感を与える人 等で、ニート問題については、人生経験の浅い若者(更に、茶髪やピアス等で見た目も異った)が、終身雇用,年功序列の崩れ 等で不安の蔓延する社会から総攻撃された. 人生経験の浅い若者は、攻撃されたとしても、「自分が悪いのかな」としか思えない.
 (3)政治 : 若者の20%にも迫る失業率が最も問題で有るにも関わらず、若者の自己責任に問題をすり替え、政治責任を回避している. 更に、この様な若者を作ってしまった問題は「教育」に有り、教育を通じて、管理強化に繋げようとしている.
 (4)団体関係 : ニート問題が祭りの様になり、利権が発生している. 若者の就職支援になると予算が付くため、ニート問題を大きく宣伝して予算獲得しようという団体が出てくる.
4.Summary : ニートとの言葉の歴史を以下の様に説明している.
 2003年3月に当時の日本労働研究機構(現在の労働政策研究・研修機構(以下、JIL))は、報告書の中で、英国での労働問題のNEETが、日本にも有ると初めて紹介した. その後、JILは2003年10月に独立行政法人化され、組織の存在意義のため、世論の注目を集める様な研究成果として、ニートをしばしば取り上げる様になった.
 2004年7月に、玄田有史の「ニート-フリータでもなく、失業者でもなく」(幻冬舎) がベストセラーとなり、カタカナのニートが認知される様になった.
 その後は、上記の様に、定義が曖昧化する中、ネガティブ・イメージのニートに対して、様々な人が群がり、自分の都合の良い様に利用し、その結果、若者だけが損をした. 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。