So-net無料ブログ作成
検索選択

「語学で身を立てる」 ・・・ 語学のプロとは [英語]


語学で身を立てる / 猪浦 道夫
1.My Review Rank : ★★☆☆☆ + モチベーションのため
2.Published Data : ¥693, 205Page,集英社,’03/02
3.Review Point : 語学勉強するに当たり、語学のプロがどの様な実力と素養を持ち、どの様な環境で働いているのかを知るのは、モチベーションUPになる.

 例えば、産業翻訳(最も人手が足りない)を目指し、1年間(300時間程度の勉強時間)一心不乱に勉強し、翻訳会社の試験を受けて合格しなかった場合、原因として以下の3点が考えられる(逆に言えばこれらを意識する必要が有る).
 ①語学の素質(センス)に問題が有る
 純粋に翻訳に必要な語学力だけなら、本気で取組めば習得するのに1年以上は掛からない. 1年以上掛かるのは、センスに問題が有るか、集中力が足りないか. 学習方法を誤っている場合も有るが、その誤りに気づかないこと自体にセンスに問題が有る(厳しい).
 ②産業翻訳として必要な雑学知識が不足している
 克服には一般に本人が意識してから5~6年を要す. 産業翻訳家の多くが、30代にならないと一本立ち出来ないのはこのため.
 ③日本語の文章表現力が不足している
 25歳以上で日本語の表現センスが大巾に改善された例をみない. 手の施しようがないため、語学の他の分野を目指す方が良い.

 第二 或いは、第三外国語の選択のため、各国語の翻訳市場を中心とした概観は面白く、役に立つかも. また、世界経済と日本との関わりが見て取れる.
 英語 : 最大にして多岐.競争も激しいため、市場をより細分化して捉える必要有り.
 フランス語 : 市場はそこそこの規模だが、フランス語が出来る人も多いため、専門分野を持つと強い. 教師の市場は広くない.
 スペイン : 長期的な低落状況(仕事量が少ない). ただし企業研修等の教師の市場は看過出来ない.
 ・ドイツ語通訳より翻訳の方が圧倒的に大きな市場. ドイツ語の実務翻訳能力が有れば仕事には困らない.
 イタリア語 : 人材が不足してため、悪くない市場.
 ・中国語 : 翻訳市場は広がる一方. 北京官話, 台湾語, 広東語 等の依頼も有り. 日本語の堪能な中国人が多い.
 ・韓国・朝鮮語 : 日本語の堪能な韓国人が多い. 教師の需要は多くない.
 ・ポルトガル語 : 日系ブラジル人の労働者が日本に入ってきており、役所の文書や観光案内のため、需要は増加. 語学研修の市場も有り.
 ・ロシア語と東欧諸語 : ロシア語は大きな市場だが、競争も有り. 今後東欧諸国のEU加盟で、ポーランド, チェコ, ハンガリー語にもそこそこの需要が有り(これらの教科書にはロシア語を介したものが良い).
 ・オランダ語と北欧諸語 : オランダ語と北欧諸語(デンマーク, スウェーデン, ノルウェー)は、供給が不足し翻訳として有望な市場(翻訳レートは英語の3~4倍). 英語, ドイツ語が出来れば比較的習得し易い. フィンランド語は非常に難しいが翻訳の市場は有り.
 ・タイ語, インドネシア語, アラビア語 : 翻訳の仕事は増加中. 特に、企業の技術者対象の語学研修が多い. この分野の専門家は、総合ビジネス・アドバイザ的になるケースが多い.
 ・その他の言語 : ベトナム語は、需要が急速に伸びている.これから伸びるものとして、タガログ語(フィリピン), ミャンマー語(ビルマ), ペルシャ語, ウルドゥー語が有る.
4.Summary : 語学のプロを以下の様に分類し、各々の仕事の概略とキャリア・アップの戦略が有る.
 1)語学の専門家になる (スペシャリスト・コース)
 (1)翻訳系
  ①出版翻訳 : 作家として芥川賞を取る事と同じ程度困難. これを仕事にするのは無謀.
  ②産業翻訳 : 実力が有れば生計を立てる事は可能だが、中途半端ではダメ. 実力試しには優良翻訳会社の試験(トライアル)を受けてみる.
 (2)通訳系
  ①国際会議同時通訳 : 要求レベルは最高度. 日頃の摂生・情報収集,体力・知力の維持が必要. 最も華やかな仕事.
  ②政府・官公庁通訳 : 同時通訳と同等のレベル. 民間から職に就くのは困難.
  ③観光案内ガイド : 「通訳案内業試験」に受かること. 体力・精神力・営業力が必要.
  ④技術関係通訳 : 産業翻訳の分野では最も人手が足りない. 理工系の語学を活かし易い.
  ⑤会議・商談の通訳 : その場での集中力が必要. 語学力も高い水準が要求される.
  ⑥芸能・スポーツ関係の通訳 : 例えば外国人野球選手の通訳等. 収入は良くない.
  ⑦モデルの撮影等の通訳 : 仕事としては比較的容易. 駆け出しの人の実力試し.
 (3)語学教師
  ①中学・高校・大学で教える : 教師への就職と同じ方法.
  ②民間の語学学校で教える : 全員外国人教師を売り物にする所が多いため機会少ない. 満足するポストが与えられる事は稀.
  ③自分で学校をつくって教える : 寺子屋的なものでも教室を開いた方が懸命.
  ④企業の語学研修で教える : 語学教師の分野では最もやりがいが有る.

 2)会社に勤めて組織の中で語学力を武器にする (ビジネスマン・コース)
  現実にはこの道が最も定員が多い. 「抜群の語学力を持つこと」と「組織の人材として優れること」とは相反する能力かも知れない.

 3)語学力を武器にして自分でビジネスを開く (企業家コース)
  21世紀は、一匹狼でも、組織の一員で有っても、人生に対して自己責任をとる必要のある時代. 個人がグローバルなインターネット・ビジネスで世界市場を相手にする際重要なのは結局のところ言語.


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。